« 不思議なトート | トップページ | 連休すぎて »

2016/04/06

一人で暮らすということ

いよいよ同居している娘が家を出ることになり
ここのところその準備に日々追われている。


長男、大学入学時に家を出た。その後外国で家族を持ち、
多くの問題を抱えた息子であったけれど、パートナーや愛すべき子供の存在で
ひとまず落ち着いて生活している。


次女。独立心が強く、就職と同時に家を出た。
仕事もハードで、自分のペースで生活したかったのだろう。
とはいっても、病弱な私のこともあって、母の所有するアパート(自宅の敷地内のあるcoldsweats01
の一室に家賃を払って住んでいた。


長女。自宅の2階に現在まで住んでいた。
その長女は、いずれ結婚すればまた独立するだろうと漠然と考えていたけれど
何かと私も彼女にたよりがちで、申し訳ないと思っていた。
また、一方で、いつまでも、実家暮らしでいることの世間知らずな部分も
心配だった。



このたび、次女がアパートの住人の騒音がつらいということで
転居を考えたことをきっかけに
長女と次女が一緒に住んだらということになり
話はとんとんとすすみ、
気に入ったマンションも見つかり、いよいよ今月末に転居となった。
地下鉄に乗って二駅先で、しかも駅前。
なにかのときにはかけつけられる、というエリアで決めてくれた。


もちろん、寂しさも怖さもかかえきれないほどあるけれど
でも、
いずれ私も一人。

だとすれば、子供たちに足かせにならないような生き方もしなくては
その思いも強かった。

きっと終末にはまたお世話になるのだろうけれど
それまでのちょっとの間、彼女らに自由になってほしいし
社会勉強もしっかりしてほしい。
彼女らが、わたしが子供を産んだ年齢になったことも大きい。




さて、
私は一人暮らしに耐えられるか。
いつも家族がいたのに、
その家族とどんな距離が生まれるのだろうか。



友達が多いほうではない。
趣味もそれほどこだわりがあるほうではない。
アウトドアでなくインドア派。
食事も、食べられたらそれでいい、という感じで、作るのはあまり好きではない。
健康不安はたえずある。
ことに最近はいろいろ衰えを感じている。
人一倍こわがりである。



う~~~~~~む。
なかなか困難な状況ばかりが見えてくる。
でもやってみるしかない。


まわりにいる一人暮らしの友人や知り合いや姉妹の存在で勇気をもらう。
そして。わたしには大事にしている仕事がある。



娘の片づけと同時に、私も一人住まいの自分のすみかとしてのレイアウトを考えている。
あれこればたばたやっているうちに、少しは楽しみも見えてきた。
それが、寂しさや怖さをこえるものになるのだろうか。
S_4130669305525

ブログランキング・にほんブログ村へ
読んでくださったらプチっとお願いします(*^_^*)→にほんブログ村 

« 不思議なトート | トップページ | 連休すぎて »

親と子」カテゴリの記事

コメント

ソラさん、こんばんはヽ(´∀`)ノ
生活習慣や生活空間がガラッと変わりますね。
結構ストレスも感じるかと思いますが、それをいい方向へ転換できるように慣れればいいですね(^^)
ソラさんは趣味がありますが、もっと色々なことに挑戦するチャンスかも??
うちの母も、カラオケやなど色々していて毎日忙し楽しそうです(^^)

おお!
お一一人暮らしですか
大学入学から家を出た切りな息子。
娘は実家で猫と暮らすようになりました
子供たちは出て行きましたが
主人と義母さんが残ってる。
一人暮らし羨ましいよう~
そらさん、時間を全部、自分の為に使えるんだよ
色々、挑戦して!!

ケンさん、こんにちは。
いい方向へですよね~、人生後半の勝負、っていったところでしょうね。
きっと、旦那といたとしたら、もっとストレスがあったのだろう、と思うので、その点だけでも、一人暮らしの良いところ、あるなあとは思ってるのだけれど(笑)

ねこちゃん、こんにちは。
そうなんだよね、そう思って、寂しさを自由へすりかえていくことがキーなんだろうなあ。
いろいろ挑戦て。昔ほど体力気力がなくなってきたことがツライけど
89の母が今ひとはなさかせて生き生き暮せているのを見ると
まだ可能性はあるんだろうねふむ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571037/63445899

この記事へのトラックバック一覧です: 一人で暮らすということ:

« 不思議なトート | トップページ | 連休すぎて »

そらのちくちく作品集

  • いつもの普段用トート
    まだまだへたっぴながら 本人は 作っていさえすればとにかくHAPPYで そんな具合で作り続けています。 もちろん、 もっと技術が向上すればいいなあ と思ってますが。

そらの関連ブログ