« 2016年5月 | トップページ

2016年6月

2016/06/05

韓国ドラマ 「はまる」

今、TSUTAYAの 旧作借り放題ひと月1000円!で、韓国ドラマをみまくっている。
2週間で22枚目だから、もとはしっかりとったscissors
韓国ドラマの胸キュンものはすきだけれど 
さすがに多少食傷気味にはなってはくる、、、。
それでも 日本の最近のドラマにはない魅力はいったいどこにsign02
かつては
韓国語のイントネーションや
すぐどなりちらして暴力的な女性の姿、
難病や、御曹司との格差恋愛、ありえない奇跡、という
これでもかの連続に、
かなり受け入れがたいものもあったけれど
それもいつのまにやら慣れてきたらしい(@_@。
韓国語も耳にやさしくなってきたし
イケメンヒーローの美しさにうっとりし
シリアスさとコメディ要素のちょうどよいバランスに唸ることも多くなってきた。

印象に残っているのは
相続者たち  、ママ、   シークレットガーデン、
天国への階段、 私の名前はキムサムスン  ,
エンジェルアイズ  太陽を抱く月、
アクシデントカップル、 パリの恋人
星からきたあなた、キング、
ヒーラー、 久家の書、
君たちは包囲された、  イニョン大妃の男
屋根部屋のプリンス、
 
建築学概論(映画)、王になった男(映画)、
傷だらけの二人(映画)
怪しい彼女(映画) 、カンナさん大成功です(映画)
彼と私の漂流日記(映画)
で、今回は

まず。「ナイン
タイムトラベルもので、パラレルワールドのややこしさがまじりこんで
やや脳が疲れるけれど、
いつのまにか、主役のせつない表情から目が離せなくなっているheart04
こんな表情は、日本の俳優だったら誰が出せるのだろうなあと考えても思い浮かばない。
次に「ゴールデンタイム
救急病棟のインターンの成長?ものがたり。
これがまたたまらない。
キュンキュン部分は皆無だけれど、飽きさせない展開。
それと、病院の事情がリアルで、
自分の入院や通院体験とも照らし合わせて面白い。
教室が終わってから見始めるから、つい気が付くと夜中になってしまっていて慌てて寝る。
こういうのを、はまる、というのだろう、
人にしつこく勧めて顰蹙を買ったり?でもめげず。
ついにCDまで購入
韓国語の勉強しようかなと思ったり。sweat01

« 2016年5月 | トップページ

そらのちくちく作品集

  • いつもの普段用トート
    まだまだへたっぴながら 本人は 作っていさえすればとにかくHAPPYで そんな具合で作り続けています。 もちろん、 もっと技術が向上すればいいなあ と思ってますが。

そらの関連ブログ