日記・コラム・つぶやき

2016/05/06

連休すぎて

ながいながい連休、ぽっか~~んと。初めて持て余したお休みでした。
それでも、思い立って友人を誘い映画に行ったり
母のところに行き、そこで独立した娘とあっていろいろ話したり
私の部屋周りを、使い勝手の良いように改造したり
そしてようやく、革を押し入れから引っ張り出す気になって
これ・・
S_4274129630786 2枚ずつ貼り合わせて・・・周りを縫い。。。
 
三個できました!
S_4274129595903_2 録画しておいた映画、たくさんみながらね。
 
今日は
端午の節句も人形も片づけて、初夏仕様にしましょうか。
S_4274129875114
近所の桜の木は、さんらんぼがなっていました いいね~。
S_4274129815296 S_4274129744441
 

2016/02/07

放置してました

年明けから、何かとがたがたしていて・・

気が付けばもう2月。

何人かから、しばらく書き込みがないけど大丈夫?と聞かれました

あはは、もしかして病気じゃないかとか、死んではいまいか、と心配される年齢ですものね、、、、、sweat01

はい、大丈夫ですよ~~scissors。忙しいだけです。ていうか、書く気にならないというか。


受験生の季節です、日曜日は特別講習の日にしたり

確定申告の季節だし

最後の3人目の娘の独立がもうすぐなので、なんやかやと片づけたり(ほんとうにおひとりさまになってしまうsweat02

でも優先すべきものがたくさんあるのに

そういうときこそ革をいじりたくなったりしちゃうんですよねえ

(先日は、衝動的に浅草橋まで革を買いに出かけちゃったし、

今も革ちくちくはじめて、気がついたら2時を回ってました(^_^;))

頭の中も、ちょっといろんな事考えてパンク気味。

ひとまず、元気だよ、のブログでした~~~。

2015/09/03

「虹とマーブル」と昭和のにおい

題名の、マーブルの意味がいまだわからないままだけど。

ごく近所のパブリックシアターにて。

小出恵介とともさかりえさんが出てるっていうんで。

まずは、二人ともテレビ画像で見るイメージとは違った、という感想。

変幻自在というのが演劇人の表現力とすれば、たいしたもんだ。

けれど、世の中のおしゃべりのスピードが進んだせいなのか

私の老化現象なのか

早口のセリフに、ときおり聞き取づらいときがあり

時代をパワーとスピードで駆け抜けた感の芝居を必死に追いかけたせいかすごく疲れた。

とても面白かったけれどね。

私だけなのかな、と、おずおず友人の反応を探ると・・・

もっと下調べしておけばよかったなあ、わからないところ結構あった・・・・

とカラカラ笑っていたのでほっとする。




この日は、その分を取り戻すかのようにふたりでしゃべったしゃべった。

気づけば夜9時半になってしまった。驚くべきはお酒なしでね。

どんな流れか彼女の高校時代の話に引き込まれたり。

学生紛争時代の終焉期、あの東大の安田講堂が陥落した後 私たちは高校生になったのだけれど、

のほほんとした女子高にいた私と違って、友人は共学のトップ校にいたから

その進学校は、まだなんとか派だのが荒れ狂っていて学校を占拠

授業も何か月もなかったらしい その間、優秀な友人は退学していったり、、、

そして、突然解除されるも学校制度が単位制にかわり、

自分の意志で選択する力もないまま、なんだか最低限の単位を取って卒業してしまった・・・

大学もそんな流れのまま、特に何も頑張らず学ばず過ごしてしまったんだ・・・・

・・・・・・。

私もしばし自分の高校時代、彼女との大学時代を思い出す。

そして私も彼女も、大学は無意味に過ごしてしまった後悔だらけだけれど

それでも ともに教師をやったウン十年は楽しかったしやりきったよねえ~~~と。

そんな話になったのは

「虹とマーブル」が 昭和の懐かしいあの時代を思い起こさせてくれたのだろうね、きっと。

演劇って映画よりやっぱりインパクトは強いかも。

演じるほうも観るほうも。




そうだ、夏の最後。

日帰りバスツアー。思ったよりずっとよかった。9000円なり。

清里、八ヶ岳付近(付近ね、あくまでも。長野と山梨の境あたりをうろうろするはとバス)

残念は高原列車のみ。日本で一番高いところを走っているんだって。

でもこれは期待外れ。なので写真もなし。

ほかの人も、一斉に「ふつ~」って言ったのでわらえる。

枝豆とり、巨峰とり、清里ロッジでの食事、ひまわり畑・・・・・

20150824__4858

あの竹下結子と中村獅童さんの出会いとなった映画の…というガイドさんの説明coldsweats01

20150824__3406

巨峰食べ放題っていってもねえ、、、一房でおなかいっぱい!おいしかったけどね。持ち帰りはなし、買ってくださいって。なるほどねpig

1440569586323

ああ、もう夏は終わりですね~、と感じたコスモス畑。涼しい風。

20150824__3495
娘たちが一番よろこんだのはこれかな、枝豆摘み。帰ってから速攻ゆでて食べました、満足!

Cimg1463
野辺山でおりて。雨が降ったり曇ったり、時々晴れ間もあり遠くの山々が見えた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
読んでくださったらプチっとお願いします(*^_^*)→にほんブログ村 

2015/06/06

築45年の家の憂鬱

キッチン、お風呂、

そういう見てくれのリフォームに目が行きがちだが、(実際それをやってすごく満足していたけれど)

そんなものより・・・・・・・・・・・・・・・・

もっともっと大切で

もっともっと大変で

もっともっとお金がかかるのが…・外構なんだとわかったcrying


ここのところで、一気に問題が起きて

有無を言わさずの工事の検討。


1 劣化した地下のガス管工事

 劣化した地下の下水管工事

3 境界線上の万年塀の撤去と新規のフェンス工事

4 1.2.3に伴う庭の植木の植え替え等


いやはや、隣家との交渉も含め、精神的な苦労は 内装工事の比ではない。

しかも、掛かる費用も 予想を超えてとんでもないことになる。sweat01

見積額が妥当かどうかなんて 見当もつかない、、、

業者も強面になっていくしshock



と、・・・・・・・・・・・・・・・・・今日はため息メモ。



↓ここの植木ををどかして、レンガもはがして、地中を掘るのだ・・・・・・

Cimg1083


↓朽ちた万年塀 裏の隣家に倒れかけていて・・・
1432443639800


↓これが、今思えば、今年に入って、バタバタとあちこちに不具合の起きる予兆だったかもthundertyphoon

アパートの屋外階段のクリーニングを5年ぶりにしたのだ。

ビフォー・アフター。

たしかにびっくりするほどよくなったeyeけど。





016026

ここから、水のつまりに始まって、、、ああ、思い出すのも気が滅入る。

建物の管理はとにかく面倒だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
読んでくださったらプチっとお願いします(*^_^*)→にほんブログ村 

2015/03/13

ミャンマーから無事帰国(旅行メモとして)

不安だらけで見切り出発したこのツアー。

ツアーセレクト、パスポート、ビザ、両替、、、、、

たくさん苦労しましたcoldsweats02coldsweats02coldsweats02




でも、結果的に、心配していた不整脈も起きずscissors

暑さもそれほどでもなく(35度sunでしたが、湿度はあまり感じなく)

スケジュールも無理のない形で欲張らなかったので大正解shine

(世界遺産という有名なところは遠いので諦め、ヤンゴン周辺に特化。

ちなみに、旅費は 3泊5日で、ひとり20万円弱です。)

 



よきツアーガイドに巡り合ったことで

ちなみに、HIS秘境専門デスクツアーの依頼した現地ガイドのレイさんは、

物理学を大学で学んだあと、就職先がないため、

改めて外語大学に再入学して日本語を学んで日本語堪能の 超エリートなんですよ。)

3人親子の珍道中になるかと思われていたけれど、まるで問題なしsign03

多少、空港でドタバタがありましたが・・なにせ、国際線は3人ともほぼ初心者でsweat01



無事に帰国です。fuji

帰国後、3人とも体調崩しましたが・・・

日本の寒さと花粉でダブルパンチを受けたのだろうと。




仏像だらけの国でした。

多民族でできており、まだ政権も不安定で、

中国国境では紛争もあるのに、静かな不思議な国でした。

貧しい国でした。

それでもパワーがあふれ、ここ10年ですごい変貌を遂げるだろうと思われる国でした。

Cimg1248Cimg1268

仏塔は、輝く金色ときまっており

どこでもロンジーを着た男女が、座り込んで仏像を拝んでいます。ここでは裸足です。

かならず寄付の箱があり 花などと一緒に供えます。

そうそう、街中で、お坊さんの托鉢の行列も見ました。

そんなのが日常の国なんですね。

事前の情報通り、観光客には土産物売りがたかってきます。子供も多い。

「やすくするよ」、「後で買ってね」、」ぶらぶらしてんの?」なんて日本語で話しかけてくるのですsweat02

でも今回、日本人にはほとんど会わなかった。

飛行機の中くらいです。

余談ですが、ビジネスクラスの客ってマナー最低ですね!びっくりです。

それと、同じ全日空なのに、ミャンマー行きの飛行機と帰りの日本行きの飛行機では

まるきりサービスが違ったのもびっくり!!管轄が違うのだろうね。

もちろん??日本行きのほうが抜群にいい。安心感も数倍違った。




Cimg1294Cimg1236

トイレも船も外国人専用があり驚きます。もちろん別額です。

(トイレといえば、やはり、ホテルにすらシャワートイレではなかったsweat02

街中はもちろん空港でも、水洗トイレのそばにバケツがあって、それでおしり洗えってかんじでした・・

旅行ガイドにあった、トイレットペーパー持参は、外では基本ないところが多かったので 役に立ちましたflair

外国人(観光客)からは多くを取る、それは当たり前という感じはしました。

彼らは、とても質素に真面目に穏やかに暮らしているのです。

そこに私たちがちんにゅうするのですから、ここは謙虚であるべきでしょう。



Cimg1230Img_1191Img_1167Img_1168

街は、日本ではありえない、崩れてしまいそうな建物だらけです。

少し郊外にはやせた牛がのんびりいたり、高床式の茅葺きのすかすかの農家があったり・・

雨期はどうするのか心配してしまいます。

数キロごとにある市場は賑やかで、スイカや果物が山と積まれています。

必ず食べ物屋台があって人々がたむろしています。

道路はでこぼこがたがた、街の中心地でも然り。

乗合バスは、満員で人で溢れており、ドアは開けっ放しで、落ちそうな人がいるのも当たり前の風景。

それでも車が激増しているらしく、日中はひどい渋滞です。

絶えず、クラクションで威嚇し合ってました!!

交通法規など整っていないため、かなり強引な運転です。運転免許の教習所なんかないから、という息子の話shock

それに日本の中古車をそのまま利用しているらしく、どこそこのお店や会社や幼稚園の日本名をそのまま残したまま使っているので驚きます。ペイントしなおすなんてことは考えない様子。

消えかけている神奈中バス、なんていう表示の残っているバスも発見。

終戦後の日本の姿のようです。たぶん。

でも、地震のほとんどない国ですし、塗料も鉄鋼材も不足しているそうで、

あちこちで工事はしているけれどあまり進んでないようす。

働いている人はほとんど見ないのです??

それでも外資はどんどん入ってきているのが、広告看板から伺われます。

不動産だけがありえないほど高騰upしているとのこと

街中の生活物資がめちゃくちゃ安いのとまったくのアンバランス。


スマホやタブレット普及率は高いのに、

ネット環境が整っていなかったり、停電が多い、電話が途中でよく切れる、

そういうミスマッチも。

 

Cimg1293Cimg1295Img_1210

日本の仏像とはイメージがすごく異なり 驚きでした。

日本のような芸術品というより、ひょうきんだったり、親しみ深さがあったり

とにかくまず畏れ敬う対象としてありき、という感じでした。

信じないと地獄に落ちるよ、怖い目に遭うよ、なんていう脅しも同時に両立しています。

Cimg1260  シャングリラホテルで宿泊 ここは別世界。ちょっとほっとする空間。

Img_1196Img_12206

ミャンマーでの料理は、脂が多くて日本人は必ずと言っていいほどお腹を壊す、と聞いていたのですが、

ガイドさんの日本人に合わせたメニューセレクトにせいか、とても食べやすく美味しかったです。

(胃腸薬は念のため毎日飲んでましたが)




heart01そして、一番の目的の、息子の家族にご対面!!

とにかく嬉しく、楽しく。息子たちが元気で明るく生活しているので安心しました。

Img_11212Img_13322

目に入れても痛くない、初孫ちゃんオンパレード!!coldsweats01

11056778_782330098522110_188600830611063249_781164818638638_401527735_11015844_782333755188411_1198369302

 

★思い出したらまた加筆する予定。

ブログランキング・にほんブログ村へ
読んでくださったらプチっとお願いします(*^_^*)→にほんブログ村 

2015/01/06

無知が不安を増大するも、案ずるより・・・

お孫ちゃんに会いにミャンマーに行くことに決めてから あれこれ情報を収集するに、

ミャンマーって秘境扱いだしfoot、旅行案内の書籍もとても少ない。sweat02

衛生的にもおなかをこわすことが多いなんていうし、

政治的な不安定な様子や、日本人殺人事件があってからの安全面でも大きな不安がshock

海外といえば、むかし行った北欧とシンガポールしか経験もないこともあって

とにかく情報が少ないことが余計恐怖心を増大しshadow・・・・・

わけのわからないミャンマー大使館のHPなどもあってますます・・・・

ネットからはビザ取得の苦労談が多かったのですごく緊張して書類を揃えた。



本日、午前中しか窓口が開いてないというので半休を取った娘たちと三人で

ミャンマー大使館のビザ申請にいってきた。

閑静な高台にある大使館の鉄格子の門扉を開けるときだけは緊張したcoldsweats02けれど

工事現場にあるような仮に立てたような小屋?みたいなところの入口で

まず名前を書いてその建物に入ると、

4つほどの窓口があって、数人が並んでいるのみ。

用意していた書類を提出したら、職業証明だけじろじろみただけで、

1分もかからぬうちに完了。

明日以降に、一人4000円の銀行振込受取書≪ATMはダメ。窓口で≫とレシートみたいな紙を持ってくれば、めでたくビザは受領できるんだと。

しかもね、娘たちは二人分一緒でまとめての手続きなのでびっくり。

1420521117448

さらに、ダメもとで聞いたら、受領は代理でもいいという。パスポートより緩いじゃないかあsign02

受領時間は 3時半から4時半となっていた!みじかっ!

これはよくかわるから要注意。

それなのに、大使館HPには年末お正月のお休みのおしらせものってなかった。

無駄足覚悟でいかなくてはならないところだ。

それでいて、電話連絡もうまくいかないのだから。sweat01

ついでにいえば、ダウンロードしたエクセルの申請書は

一か所どうしてもうまく打てない部分があって、しかたなく手書きで。

そういうのも修正してないので驚く。




ちなみに、一番悩んだ職業証明書類だけれど

そらは、teacher at  a cram school ということで

確定申告のコピーと、急ぎ作った名刺を持参。無事通過。

娘1は 源泉徴収書で難なく通過。

娘2は、会社の名刺を出したら、どんな職種かちょっと詳しく聞かれてた。ITです、というとそれでふ~~ん、という感じ。

拍子抜けして3人で帰宅しました。緊張した分、つかれた!

案ずるより産むが易し・・・・旅もそうなればいいのだけれど。

ブログランキング・にほんブログ村へ
読んでくださったらプチっとお願いします(*^_^*)→にほんブログ村 

2015/01/02

大晦日、そしてお正月

さすが中森明菜  さすが中島みゆき  そして、、、さすが サザン桑田さん・・・・・・

と唸った紅白歌合戦。

一応の大掃除と、正月の用意のあとは テレビテレビにどっぷりと、の大晦日。


元旦。

ホームから母を招いてしゃべりまくり食べまくる。

1420176501341_2

年賀状にも書いたが きな臭さに対しての不安とともに年が明けた。

どうか、それでも、ちいさな幸せがたくさんあちこちにあふれますように。



明日は、初詣に行こう。

冬休みに縫い始めたバッグができたのでそれを持って。

1420192199384

ブログランキング・にほんブログ村へ
読んでくださったらプチっとお願いします(*^_^*)→にほんブログ村 

2014/11/15

メンタルリハビリ

引きこもり人生から少しずつ動き出している。

なにせ今まで発作が怖くて、時間の拘束もある閉鎖空間の中にいることが怖かった。



先日は、

観たかった 《スタンド・バイ・ミー・ドラえもん》

初のシニア割引に感激しつつ。

期待度が大きかったので、そのわりには、だったけれど、それでも映像の美しさにびっくり。

のび太くんは、息子を彷彿させて、しんみり。。。。成長したんだもんのび太くん!weep

Images_2





そしてこのたび、仲代達矢の独り舞台 《バリモア》

シェークスピア俳優のバリモアの晩年のある日を、仲代達矢さんがしゃべりっぱなしで。

さほど大きくない舞台で、横だけれど3メートルほど近くに見える役者の表情。

汗、つば、眼光、、、どきどきした。

終わった瞬間の、暗がりの中の疲れきった仲代達矢さんの表情が印象に残る。

残念なのは・・・隣の人、寝てるんですっ、寝息を立ててannoy

演技に集中できなくなって、どつきたかった!何しに来たんだろうねnewmoon

1416037388462


ブログランキング・にほんブログ村へ
読んでくださったらプチっとお願いします(*^_^*)→にほんブログ村

2014/11/02

青山フラワーカフェ 花に癒されて

大学の友人と待ち合わせた表参道の青山フラワーのカフェ。

へえ、花屋の中に、こんな空間が!とびっくりです。

意外と狭く、席数はすくないので、外にまで客は並んでます。しかも女性ばっかり・・・

11時開店前に行って大正解。

緑は、花は、癒してくれますね。 うん。  

141482859


ブログランキング・にほんブログ村へ
読んでくださったらプチっとお願いします(*^_^*)→にほんブログ村

2014/10/26

昔の仲間

そらが、うら若き頃の初めての赴任校 町田市の木曽小時代の同僚4人とランチ。

今回のランチは、久しぶりの町田で。

本当に町田は様変わりしていてwobblysad

駅前のレストランなのに迷ってうろうろしてしまった・・・ sweat01

当時の町田は、開発途上で、やまンなか、っていう感じだったのに。 思えば、もう40年近くたつのだから。


久しぶりに会ってもずけずけ言い合える仲間っていうのはいいもんです~~。 spa

性格って変わらない、あのときのままで、

だけど確実にみんなおばさんになっていて。笑

今回は、前回そらが入院で参加できなかったので、改めて企画してくれたのだと

帰り際に知った。ありがたいことです。

元気になったよお、とうんとアピールしてきました。

Image

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
読んでくださったらプチっとお願いします(*^_^*)→にほんブログ村

より以前の記事一覧

そらのちくちく作品集

  • いつもの普段用トート
    まだまだへたっぴながら 本人は 作っていさえすればとにかくHAPPYで そんな具合で作り続けています。 もちろん、 もっと技術が向上すればいいなあ と思ってますが。

そらの関連ブログ